光人社NF文庫<br> 無差別テロの脅威―21世紀型の戦争の実態

  • ポイントキャンペーン

光人社NF文庫
無差別テロの脅威―21世紀型の戦争の実態

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 286p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784769823254
  • NDC分類 316.4
  • Cコード C0195

内容説明

2001年9月11日、ニューヨークの世界貿易センタービルを襲った自爆機。衝撃の映像は全世界を駆けぬけ、新しい戦争の幕開けに人々は戦慄した。世界の各地で多発する高度な科学技術を用いたテロの全貌を詳述し、その実状にせまる話題の一冊。アフガン、中東に熟知した著者がテロの戦略と展望、対処法を解明。

目次

第1部 現代型テロの戦略と潮流(現代型テロの戦略;現代型テロの特徴;歴史を変えるテロ集団)
第2部 テロの対処法と対テロ組織(効果をあげる特殊部隊の投入;世界の対テロ特殊部隊)
第3部 日本のテロ対策(破壊活動防止法と公安調査庁;警察庁の対テロ作戦;日本の対テロ特殊部隊;日本へ進出する対テロ産業;警察OBが設立した対テロ産業;旅行者・海外居住者の安全対策)
エピローグ―国際テロ防止の提言

著者等紹介

松井茂[マツイシゲル]
軍事・外交評論家。1945年生まれ。元公安調査庁調査官。主としてソ連の軍事・外交情報収集に従事し、国際テロも兼務する。退職後、軍事誌特派員、エネルギー専門誌特派記者を経て独立。英語、ロシア語、アラビア語、インドネシア語を学び、テロ多発地帯の中東諸国、アフガニスタン、パキスタン、インド、カンボジア、ロシア、中国を歴訪。北朝鮮にも3度渡航する。ポスト毛沢東では華国鋒の台頭を、湾岸戦争ではフセイン政権の復活を明言する
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。