恩讐の師弟対決―オウム「教祖」法廷全記録〈1〉

個数:

恩讐の師弟対決―オウム「教祖」法廷全記録〈1〉

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 397p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784768470015
  • NDC分類 169.1
  • Cコード C0330

内容説明

「教祖」の奇怪な言動の意図は?“百年裁判”といわれる公判の記録は、日本の宗教史・犯罪史上の貴重な記録であると共に、民主社会における宗教活動を考える上でも一級資料である。本書は初公判から第24回公判までを収録。

目次

第1回公判(1996年4月24日)被害者名朗読に居眠り
第2回公判(1996年4月25日)幾度となく薄笑いを浮かべる被告
第3回公判(1996年5月23日)「サリン」と聞きせわしく動く
第4回公判(1996年6月20日)表情次第にこわばる
第5回公判(1996年6月27日)月6回公判案に弁護側反発
第6回公判(1996年7月11日)被告の指示指摘に、にやにや
第7回公判(1996年9月5日)サリンはいやな「ニオイ」
第8回公判(1996年9月19日)人殺しさえ正しいと…
第9回公判(1996年9月20日)リムジンでサリン謀議
第10回公判(1996年10月3日)何度も「証言できない」〔ほか〕