レプチン 栄養における調節の主役―栄養学レビュー第19回マラボーシンポジウム

個数:

レプチン 栄養における調節の主役―栄養学レビュー第19回マラボーシンポジウム

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 113p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784767961002
  • NDC分類 491.45
  • Cコード C3047

内容説明

『栄養学レビュー』は、米国の月間学術誌『Nutrition Reviews』の発表論文を3号分ずつ日本の栄養学の研究、知識、交流に必要と思われる論文を選択翻訳し季刊誌として出版しています。今回のレプチン特集号は「第19回Marabou Symposium:Leptin:A Key Regulator in Nutrition」の演題と討論をプロシーディングとして2002年10月に刊行されたものです。レプチンの機能、産生分泌調節などにつき、今までの知見を整理し、実用化を含めて今後のレプチンの研究方向を見究めようと上記のシンポジウムが企画され、『Nutrition Reviews』の特集にまとめられました。

目次

栄養、体重および生理機能におけるレプチンの作用
体重調節におけるレプチンの役割
中枢神経系におけるレプチンとインスリンの作用
レプチン―遺伝子異常の研究からヒトでの役割の定義づけ
免疫におけるレプチンの役割
レプチンと生殖
レプチンの末梢作用と疾患
レプチンと低栄養
討論
要約