無限振子―精神科医となった自閉症者の声無き叫び

個数:
  • ポイントキャンペーン

無限振子―精神科医となった自閉症者の声無き叫び

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 151p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784763940087
  • NDC分類 493.76
  • Cコード C3047

内容説明

両極端の間を揺れ動き、決して止まる事の無い人生。30代半ばで「自閉症」の診断を受けた精神科医による切実な訴え。

目次

生まれながらの変り者:僅かな期間の“私”(乳幼児期)
大人に笑われない為に:“彼”の出現(小学校低学年期)
「変」だと思われない為に:“彼女”の登場(小学校中学年期)
無視の恐怖と絶望:うつに陥る(小学校高学年期)
いじめによる地獄の日々:うつの悪化と身体化症状の併発(中学校1年期)
生き抜く為の術:“彼”の完成(中学校2年期)
勉強を盾に:“彼”の成功(中学校3年期)
“私”の不在:“彼女”の完成(高等学校期)
“彼女”の支配:“私”に残る傷(大学期)
混乱:私生活と仕事と(就職~結婚期)
限界:試行錯誤-気付き-死
“私”として生き直す:“私”の発見-出会い-そして現在