龍谷大学矯正・保護研究センター叢書<br> 民衆から見た罪と罰―民間学としての刑事法学の試み

個数:

龍谷大学矯正・保護研究センター叢書
民衆から見た罪と罰―民間学としての刑事法学の試み

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月27日 21時16分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 327p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784763404398
  • NDC分類 322
  • Cコード C0036

内容説明

十両盗めば首が飛んだ江戸時代、人々は被害を「九両三分二朱」と届けることで、お上の苛斂誅求に抵抗した…。古今東西の民衆に流布され、広く読まれた説話・芸能、文学のなかに、それぞれの時代と地域の民衆の犯罪観・刑罰観をさぐり、人権としての「罪と罰」のあり方を論じたユニークな試み。

目次

1 刑罰の変遷(知らされないはずの法度と知っているはずの法律;「おそろしや」鈴ヶ森―死刑の残虐性 ほか)
2 流刑と自由刑(流刑と民衆;佐渡水替人足から人足寄場へ ほか)
3 犯罪と刑罰(犯罪と刑罰の関係;『罪と罰』をめぐって ほか)
4 権力と犯罪(政治と犯罪;権力への反抗の罪 ほか)
5 司法犯罪(冤罪の歴史;戦後日本の冤罪 ほか)

著者等紹介

村井敏邦[ムライトシクニ]
1941(昭和16)年9月8日大阪市に生れる。1964(昭和39)年3月、一橋大学商学部卒業後、法学部学士入学。1966(昭和41)年3月、一橋大学法学部卒業し、同年4月から1966年4月まで、司法修習生。1968(昭和44)年4月、一橋大学法学部助手、講師、助教授、教授を経て、2000(平成12)年3月末同大学法学部を退職し、4月より、龍谷大学法学部教授となる。2001(平成13)年11月より同大学矯正・保護研究センター長
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。