ブラックストーン・クロニクル〈上〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 378p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784763006318
  • NDC分類 933
  • Cコード C0097

内容説明

舞台はアメリカの小さな町ブラックストーン。すべては、廃墟となって町を見下ろす古い精神療養所を壊すときから始まった。プレゼントが届くとなにかが起きる連続事件。町の新聞『ブラックストーン・クロニクル』の編集長オリヴァー・メトカフに、第二の犠牲者ジュールズ・ハートウィックは言った。「きみがとめなきゃいかん…そいつがわれわれ全員を殺す前に」なにをとめるんだ?この町は、呪われた町なのか?町を恐怖に陥れた黒い人影は、今夜も闇のなかで次のプレゼントを選んでいた…。1番目のプレゼントはアンティークドール、2番目のプレゼントはロケットペンダント、3番目のプレゼントはドラゴンのライター、連続事件は、はたしてどこまで続くのか…。

著者等紹介

ソール,ジョン[ソール,ジョン][Saul,John]
1942年カリフォルニア州生まれ。大学中退後、15年間、さまざまな職を転々としながら小説を書きはじめる。1977年に出版された処女小説『Suffer the Children』(『暗い森の少女』ハヤカワ文庫)がまたたく間にミリオンセラーとなる。数多くのホラー小説、サスペンス小説、SF小説を手がける。現在、シアトル、ハワイなどを行き来する生活を送っている

金原瑞人[カネハラミズヒト]
法政大学教授。翻訳家

石田文子[イシダフミコ]
1961年大阪府生まれ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Apollo

3
6連作品中、3作読了。ホラー小説として王道を行く物語だがミステリー要素もあるので、ついつい先を急いでしまう。下巻も面白そう。2017/06/25

-柊文庫-

3
ある者から何かにまつわる品物が送られた家の住人が次々と犠牲になっていく。上巻は3つの品物の話で構成されていて その犠牲者が何故狙われたのか そしてそれぞれの共通点が分からない。犯人は誰か? 何故品物が送られたら犠牲者が出るのか?これは呪いなのか?下巻のラストに期待。2015/08/16

pyonko

3
ホラー&ミステリーという感じ。呪われたプレゼントが届き騒動が起こる。とりあえず下巻に続く。 2015/04/22

エイサノオト

2
幸せの絶頂のはかなさが怖いなあ。2018/06/07

月路

1
プレゼントを受け取った住人の狂っていく様子がまるでドラマのように進んでいきます。読みやすいです。 次から次へと起こる呪いの連鎖…、面白いですね。 2012/12/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15179

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。