東アジア海域叢書<br> 中世日本の王権と禅・宋学

個数:

東アジア海域叢書
中世日本の王権と禅・宋学

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 346p/高さ 23cm
  • 商品コード 9784762929557
  • NDC分類 210.4
  • Cコード C3321

出版社内容情報

『東アジア海域叢書』 第14回配本 第15巻

【目次】

序 ………………………………………………………………………………………………… 小島 毅

第一部 中国・朝鮮の近世王権

東アジアにおける祖先祭祀の諸相――中国、朝鮮、日本を例にして―― …………… 井澤耕一

朝鮮王朝建国神話の創出 …………………………………………………………………… 山内弘一

東アジアの「近世」から中国の「近代」へ

――比較史と文化交流史/交渉史の視点による一考察―― ………………………… 伊東貴之

第二部 鎌倉時代の王権

ヨーロッパと日本の中世における神聖王権の可能性を巡って

  ――フライジングのオットーと慈円の歴史思想を中心に―― ………… ダニエル・シュライ

「尼父」と「大神宮」――『古今著聞集』神陶篇十二話の一解釈―― ……………… 水口拓寿

天皇の譲位と院政――鎌倉時代を中心に―― …………………………………………… 近藤成一

南北朝動乱期の王権と調伏法

  ――文観著『逆徒退治護摩次第』の秘密修法―― ………………………… ガエタン・ラポー

第三部 禅僧と儒者の王権論

中巖円月が学んだ宋学 ……………………………………………………………………… 小島 毅

大徳寺の創建と建武親政 …………………………………………………………………… 保立道久

明治国家成立期の水戸イデオロギーに関する考察

  ――「大日本史完成者」栗田寛の勅語講釈を中心に―― …………………………… 陶 徳 民

あとがき ……………………………………………………………………………………… 小島 毅

 執筆者紹介/英文目次


小島 毅[コジマ ツヨシ]
編集