ボール物理化学〈下〉 (第2版)

個数:
  • ポイントキャンペーン

ボール物理化学〈下〉 (第2版)

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B5判/ページ数 p514/高さ 26cm
  • 商品コード 9784759817904
  • NDC分類 431
  • Cコード C3043

目次

第13章 量子力学における対称性
第14章 回転分光学と振動分光学
第15章 電子分光学と分子の構造
第16章 磁気分光学
第17章 統計熱力学
第18章 さらに統計熱力学について
第19章 気体運動論
第20章 反応速度論
第21章 固体‐結晶について
第22章 表面

著者紹介

Ball,David W.[BALL,DAVID W.] [Ball,David W.]
1983年、Baylor Universityを卒業。1986年、Rice Universityにて修士号を取得し、1987年には赤外線分光の研究によって博士号を得る。その後、Lawrence Berkeley Laboratoryでの研究生活を経て、1990年にCleveland State University助教授、2002年には同教授に就任し現在に至る。研究テーマは赤外線分光、コンピュータ化学、燃料物質の熱化学など、学生の教育にも熱心なことで知られ、関係した多くの受賞歴がある

田中一義[タナカカズヨシ]
1978年京都大学大学院工学研究科博士課程修了。現在、京都大学福井謙一記念研究センターシニアリサーチフェロー。京都大学名誉教授。工学博士

阿竹徹[アタケトオル]
1971年大阪大学大学院理学研究科博士課程修了。東京工業大学名誉教授。理学博士。2011年逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

教育的配慮の光る物理化学のテキストが,全頁カラー化し,11年ぶりの改訂.概念の詳しい解説,数式の丁寧な導出という特徴はそのままに,例題の補足説明,重要な数式のおさらい,章末問題数の増加など,学部生向けの教科書として,さらに充実.一方で,熱力学では分子レベルの現象にも言及し,化学の根本的な理解を促す.



<著者紹介>

David W. Ball


1983年,Baylor Universityを卒業.1986年,Rice Universityにて修士号を取得し,1987年には赤外線分光の研究によって博士号を得る.その後,Lawrence Berkeley Laboratoryでの研究生活を経て,1990年にCleveland State University助教授,2002年には同教授に就任し現在に至る.研究テーマは赤外線分光,コンピュータ化学,燃料物質の熱化学など.学生の教育にも熱心なことで知られ,関係した多くの受賞歴がある.

第13章 量子力学における対称性
第14章 回転分光学と振動分光学
第15章 電子分光学と分子の構造
第16章 磁気分光学
第17章 統計熱力学
第18章 さらに統計熱力学について
第19章 気体運動論
第20章 反応速度論
第21章 固体?結晶について?
第22章 表面