ボルハルト・ショアー現代有機化学〈下〉 (第6版)

個数:

ボルハルト・ショアー現代有機化学〈下〉 (第6版)

  • ウェブストアに18冊在庫がございます。(2018年01月18日 10時00分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B5判/ページ数 p820/高さ 26cm
  • 商品コード 9784759814736
  • NDC分類 437
  • Cコード C3043

目次

ベンゼンと芳香族性―芳香族求電子置換反応
ベンゼン誘導体への求電子攻撃―置換基による位置選択性の制御
アルデヒドとケトン―カルボニル基の化学
エノール、エノラートとアルドール縮合―α,β‐不飽和アルデヒドおよびケトン
カルボン酸
カルボン酸誘導体
アミンおよびその誘導体―窒素を含む官能基
ベンゼンの置換基の反応性―アルキルベンゼン、フェノールおよびベンゼンアミン
エステルエノラートとClaisen縮合―β‐ジカルボニル化合物の合成、アシルアニオン等価体
炭水化物―自然界に存在する多官能性化合物
ヘテロ環化合物―ヘテロ原子を含む環状有機化合物
アミノ酸,ペプチド,タンパク質,核酸―自然界に存在する含窒素ポリマー

著者紹介

古賀憲司[コガケンジ]
1960年東京大学薬学部卒業。東京大学名誉教授。薬学博士。2004年逝去

野依良治[ノヨリリョウジ]
1961年京都大学工学部卒業。現在、理化学研究所理事長、名古屋大学特別教授。工学博士

村橋俊一[ムラハシシュンイチ]
1961年大阪大学工学部卒業。現在、岡山理科大学客員教授、大阪大学名誉教授。工学博士

大嶌幸一郎[オオシマコウイチロウ]
1970年京都大学工学部卒業。現在京都大学特任教授、副理事、京都大学名誉教授

小田嶋和徳[オダシマカズノリ]
1975年東京大学薬学部卒業。前名古屋市立大学大学院薬学研究科教授。薬学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

世界7か国語に翻訳出版され国際的に評価の高い有機化学教科書の最新版!

15章 ベンゼンと芳香族性 ──芳香族求電子置換反応
16章 ベンゼン誘導体への求電子攻撃 ──置換基による位置選択性の制御
17章 アルデヒドとケトン ──カルボニル基
18章 エノール,エノラートとアルドール縮合 ──α,β-不飽和アルデヒドおよびケトン
19章 カルボン酸
20章 カルボン酸誘導体
21章 アミンおよびその誘導体 ──窒素を含む官能基
22章 ベンゼンの置換基の反応性 ──アルキルベンゼン,フェノールおよびベンゼンアミン
23章 エステルエノラートとClaisen縮合 ──β-ジカルボニル化合物の合成,アシルアニオン等価体
24章 炭水化物 自然界に存在する多官能性化合物
25章 ヘテロ環化合物 ──ヘテロ原子を含む環状有機化合物
26章 アミノ酸,ペプチド,タンパク質,核酸 ──自然界に存在する含窒素ポリマー