はじめての化学―生活を支える基礎知識

個数:

はじめての化学―生活を支える基礎知識

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年08月22日 20時43分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B5判/ページ数 173p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784759809213
  • NDC分類 430
  • Cコード C3043

内容説明

本書は化学をはじめて学ぶ人のために書かれたものである。おもな読者としては文科系、理科系を問わず大学の1年生、2年生や高専の学生を考えている。この本を読んで、生活を支える化学の基礎知識を学んでほしいことはもちろんだが、同時に、化学に限らず、科学的なものの考え方とは何かを感じ取ってほしい。

目次

1章 化学の目でものを見ると―化学ってどんな学問?
2章 生活に華を添えるもの―「衣服」の化学
3章 身近な「いれもの」はなぜ壊れにくい―「住生活」にまつわる化学
4章 生きていくうえで不可欠なもの―「食」と化学
5章 すこやかな生活を支えるもの―「健康」にまつわる化学
6章 化学が支える情報社会―「情報」と化学
7章 快適な生活ができるワケ―「エネルギー」の化学
8章 よりよい社会をつくるために―「環境」と化学
9章 化学とは何だろうか―社会における化学者の役割

著者紹介

井上祥平[イノウエショウヘイ]
1933年京都府生まれ。1956年京都大学工学部工業化学科卒業。現在、東京理科大学工学部教授、東京大学名誉教授。専攻は高分子化学、有機化学。工学博士