女たちの「謀叛」―仏典に仕込まれたインドの差別

個数:

女たちの「謀叛」―仏典に仕込まれたインドの差別

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年07月23日 13時37分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 270p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784759253122
  • NDC分類 182.25
  • Cコード C0015

目次

1 釈迦の悟りとヒンドゥー社会
2 『マヌの法典』
3 浄土三部経を読む
4 王舎城の悲劇
5 「是栴陀羅」が問いかけるもの
6 大乗仏教の女性観
7 第三十五願を考える
8 反原発の砦のなかで
9 新しい教学への息吹
補論(「王舎城の悲劇」は、なぜ起きたのか?(伊勢谷功)
真俗二諦について(比後孝))

著者等紹介

落合誓子[オチアイセイコ]
1946年、石川県生まれ。京都女子大学短期大学部国語科卒業。ルポルタージュライター・作家、真宗大谷派乗光寺坊守(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。