ことばの科学―東京言語研究所開設50周年記念セミナー

個数:

ことばの科学―東京言語研究所開設50周年記念セミナー

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年07月21日 22時47分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 192p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784758922487
  • NDC分類 801
  • Cコード C3080

内容説明

服部四郎博士の構想により1966年に開設された東京言語研究所(通称TEC)の50周年記念セミナーをもとに編纂。第1部では、日本語という言語の特性を他言語との比較を交えて解き明かし、第2部では、言語学の各領域(音韻論、日本語学、社会言語学、生成文法、認知言語学)について、研究の現状と展望を具体的に論じる。東京言語研究所の理念を次世代に継承し、ことばの科学が切り開く豊かで刺激的な世界へ読者を誘う。

目次

第1部 日本語はどういう言語か―内から見た日本語、外から見た日本語(複合語の小宇宙から日本語文法の大宇宙を探る;「話し手」考慮の重要性と日本語―「~ている」と「~てある」表現を中心に)
第2部 ことばの科学―将来への課題(音韻論の課題―類型論的観点から見た日本語の音韻構造;日本語学の課題―「記述」と「理論」の壁を越えて;社会言語学の課題―ことばの選択を考える;生成文法の課題―人間の言語機能の解明に向けて;認知言語学の課題―文化解釈の沃野)