ハルキ文庫<br> リセット

個数:
  • ポイントキャンペーン

ハルキ文庫
リセット

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 407p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784758431675
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

帰国子女の菜々は、都内の女子高に通う十六歳。母親は作家で、シングルマザー。バツイチの編集者と同居している。学校では、イジメにあい、ブルセラでパンツを売らされている。菜々のクラスメートたちも、クスリ、売春、引きこもり、家庭内暴力…とそれぞれ悩みを抱えているが、「酒鬼薔薇聖斗」が逮捕された日、彼女は決意する。生まれた街で、もう一度すべてを始めよう、と。高校生の真実と親子の絆を描く衝撃の問題作、待望の文庫化。

著者等紹介

盛田隆二[モリタリュウジ]
1954年、東京生まれ。85年「夜よりも長い夢」で早稲田文学新人賞入選。90年『ストリート・チルドレン』が野間文芸新人賞候補に。92年には『サウダージ』が三島由紀夫賞候補となる
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

スナフキン

6
90年代後半の女子高生の実態を97年に起きた酒鬼薔薇事件と絡めながら生々しく描いた衝撃作。冒頭の過酷なイジメのシーンからラストまで性と暴力と薬物乱用のモチーフが繰り返される。全く救いが無い。子どもも大人も皆壊れている。かといって、対岸の火事と日和見できるような物語では無い。圧倒的にリアルで胸に迫ってくる。私は著者が真摯に時代に向き合ったこと、綺麗事や社会的価値観などに合わせず物語を構築したこと、安易な救済を提示しなかったことを高く評価したい。かなりのボリュームなのに一気読みしてしまった。面白かった。2019/06/09

オーキドさん

3
高校生(主として女子高生)の日常が描かれています。女子高生がブルセラに行って下着を売ったり、イジメ、クスリ、売春…を繰り返す。日常と言うのかは疑問です(笑 家庭内暴力や身勝手な大人達とか、あまり現実感を受けないのは、私の育った環境もあるのかなと思う。 1997年神戸で起きた事件(酒鬼薔薇...)が途中途中で挿入され、そのような時代背景もあっての描写かなと思いました。 性描写の生々しさには途中から食傷気味、いやらしいよりえぐいです。どんな世代や価値観の方に何を訴え、何を感じ、何を考えてもらおうとしたのか2018/02/22

tenma

3
相変わらず終り方が忙しない。もっとじっくり描いてくれればな、と思う。▼神戸の事件を中心に同世代の現状を作者なりの解釈で書いた作品。真新しい部分もない代わりに、一つの時代の考証として残されても良いかもしれない。▼志村奈々、中川雅也などどの登場人物にも安らぎがなく、荒んでいる。リアルと言えば聞こえは良いが、何もかも性悪説のように描かれてしまうと、全てが嘘の上塗りようにも思える。物語の核となる部分に芯がないと感動も薄れてしまう。纏め方によっては傑作だったのに何とも勿体無い。2010/09/08

フリューゲルのおんちゃん

2
帰国子女が、生まれた町で親子の絆を取り戻すという お話。2018/02/27

WindKoao

2
あまりに痛々しく、娘を持つ親には苦しい内容。で、言いたかったことは何?

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/562765

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。