ハルキ文庫<br> 柳生神妙剣

個数:

ハルキ文庫
柳生神妙剣

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2019年10月22日 22時50分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 225p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784758431552
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

長月斎両角三郎介が会津・雁谷の地で興した、雁谷自然流。師範代、間宮承治郎はこの流派を天下に広く知らしめるために、柳生新陰流に挑むことを長月斎に誓った。雁谷自然流の四天王と称される精鋭たち、青龍・白虎・朱雀・玄武を筆頭に壮絶なる柳生狩りが始まった。迎え撃つは土井利勝の甥・槇十四郎正方と柳生の嫡男・七郎。血の饗宴の行方は果たして…?槇十四郎正方シリーズ、待望の第三弾!ここに完結。

著者等紹介

長谷川卓[ハセガワタク]
1949年、神奈川県小田原市生まれ。静岡県清水市在住。73年、早稲田大学大学院文学研究科演劇専攻修士課程卒業。80年、「昼と夜」で群像新人文学賞を受賞。81年、「百舌が啼いてから」で芥川賞候補となる。2000年、『血路―南稜七ツ家秘録』で第2回角川春樹小説賞を受賞
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。