グルメ文庫<br> オリーブを摘む夕暮れ

個数:

グルメ文庫
オリーブを摘む夕暮れ

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2018年10月20日 17時45分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A6判/ページ数 222p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784758431408
  • NDC分類 596.23
  • Cコード C0195

内容説明

私にとって食べることは最高の悦楽である―春のじゃがいものトルテッリ、初夏の野生のフィノッキオ、盛夏のルッカのスペルト小麦、晩夏のブドウ摘み、晩秋のオリーブオイル、冬の鶏レバーのクロスティーニなど、素材の自然の味わいを尊重し、簡素で純粋なトスカーナ料理の四季とローマ、ナポリなどの旅の味を通じて、トスカーナの文化とそこに生きる人々の人生をも描く、豊かで幸福な食エッセイ。簡単なレシピ付き。

目次

1 トスカーナ料理の四季(二人のベアトリーチェ―初夏・パンツァネッラ;妖精の山歩き―初夏・野生のフィノッキオ;ファッロの祭り―盛夏・ルッカのスペルト小麦;田園の追悼パーティ―盛夏・フェットゥンタ;谷間の革職人の知恵―盛夏・チョンチィア ほか)
2 イタリアを旅して(ローマのバッカラ屋―塩漬けタラのフライ;ナポリの太陽とトマト畑―トマト缶ができるまで;館に流れた歳月―トマトソースのマカロニグラタン;イタリア人になりたくない人たち―チーズ入りカネデルリ;尼僧のレストラン―黄金色のリゾット ほか)

著者等紹介

渡辺怜子[ワタナベレイコ]
1929年、東京生まれ。イタリア料理研究家、エッセイスト。イタリアとの40年ほどのつきあいのなかで、各地方の食文化を研究してきた
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。