グルメ文庫<br> 旨いものはうまい

個数:
  • ポイントキャンペーン

グルメ文庫
旨いものはうまい

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A6判/ページ数 242p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784758431385
  • NDC分類 596.04
  • Cコード C0195

内容説明

“とびっきり旨い料理と旨い酒がここにある”―こだわりの末に手に入れられる食物の美、飲み方に食べ方、酒と肴についての話。英国で楽しむポオチド・エッグ、アメリカで通った酒場、そして広島の蛎、能登の岩海苔、甲府の鮠の煮貝、長崎の唐墨に近畿の松茸の話…。旨いものを求める旅に終りはない。吉田健一が守り通してきた食と酒への古びないポリシー。幸福な食エッセイ集。

目次

1 美味求真(食物の美;旨いもの ほか)
2 酒と人生(酒と人生;飲む話 ほか)
3 旅の食物誌(酒を道連れに旅をした話;旅と食べもの ほか)
4 女房コツク論(満腹感;胃の話 ほか)

著者等紹介

吉田健一[ヨシダケンイチ]
1912年生まれ。評論家・英文学者・小説家。吉田茂の長男として生まれ、少年期を当時外交官だった父とともに海外で過ごし、ケンブリッジ大学に学ぶ。戦後、イギリス文学史を記した『英国の文学』で注目を浴び、『シェイクスピア』で読売文学賞、文芸評論賞、『日本について』で新潮文学賞、『ヨオロッパの世紀末』で野間文芸賞、『瓦礫の中』で読売文学賞小説賞を受賞する。77年没
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。