ハルキ文庫
遺書

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 241p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784758431064
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0195

内容説明

“僕は、身体とそれに伴う精神の死について、いちばん好きな言葉があります。高村光太郎の詩の中の「死ねば死にきり 自然は水際立っている」という言葉です。(中略)僕は、人間の身心の死はこれでいいのではないかと思います”と語る著者が、「死」「国家」「教育」「家族」「文学」について、そして自らの人生を回想して根源的に考察する魂の一書。

目次

死について(「死」をどうとらえるか;「死」を定義できるか)
国家について
教育について
家族について
文学について
わが回想(「死」から「生」へ;「六〇年安保」から「現在」まで)
最後に

著者等紹介

吉本隆明[ヨシモトタカアキ]
1924年、東京に生まれる。東京工業大学電気化学科卒業。52年、詩集『固有時との対話』(私家版)を刊行して執筆活動に入る。以後、戦後思想界に多大な影響を与える評論活動を展開
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。