アメリカの高校生が読んでいる経済の教科書

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 239p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784757214767
  • NDC分類 331
  • Cコード C0033

内容説明

NCEE(アメリカ経済教育協議会)のスタンダード20を日本人向けにアレンジ。経済とお金のことがすらすらわかる。

目次

第1章 家計の経済学―どうすればお金を増やせるのか?(希少性―資源は有限、人間の欲望は無限;インセンティブ―人間の選択は損得に左右される ほか)
第2章 企業の経済学―経営者は利潤の最大化を目指す(起業家―より大きな報酬のために起業する;企業―個人的欲望の充足V.S.利潤の獲得 ほか)
第3章 金融の経済学―銀行から上手にお金を借りる方法(家計と銀行―あなたの信用で利息は決まる;企業と銀行―銀行はお金の仲介者 ほか)
第4章 政府の経済学―政府も市場も失敗をする(パーソナルファイナンス国債編―国債の利回りで景気がわかる;財政政策―政府は企業の代わりに公共財を作る ほか)
第5章 貿易の経済学―日本は再び鎖国できるか?(貿易―自由貿易は世界全体の生活を豊かにする;外国為替相場―為替レートは通貨の需要と供給で決まる)

著者等紹介

山岡道男[ヤマオカミチオ]
早稲田大学大学院アジア太平洋研究科教授。1948年、東京生まれ。早稲田大学大学院経済学研究科博士課程中退。学術博士(早稲田大学)。専門は、アジア太平洋地域の国際交流論、経済学教育論

淺野忠克[アサノタダヨシ]
山村学園短期大学コミュニケーション学科専任講師。1951年、東京生まれ。早稲田大学大学院経済学研究科修士課程修了。専門は、国際経済学、経済教育論、高等教育論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。