英語で大学が亡びるとき―「英語力=グローバル人材」というイデオロギー

個数:
  • ポイントキャンペーン

英語で大学が亡びるとき―「英語力=グローバル人材」というイデオロギー

  • 寺島 隆吉【著】
  • 価格 ¥3,024(本体¥2,800)
  • 明石書店(2015/11発売)
  • シルバーウィーク秋の全店ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 56pt
  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2018年09月19日 13時57分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 357p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784750342665
  • NDC分類 377.15
  • Cコード C0082

目次

第1章 グローバル時代の大学英語(「英語力=研究力、英語力=経済力、英語力=国際力」という神話;「英語化」「国際化」は、「創造的研究者」「グローバル人材」を育てるか;「英語一極化」に抗して外国語教師に何ができるか)
第2章 京都大学における「国際化」(「英語で授業」「外国人教員一〇〇人計画」は何をもたらすか(上)
「英語で授業」「外国人教員一〇〇人計画」は何をもたらすか(下)
「対日文化工作」としての英語教育―京都大学の「国際化」路線を、歴史的視点で再考する)
第3章 「地救原理」を広め、世界をタタミゼ(畳化)する言語教育(私たちは若者をどのような国に留学させようとしているのか;アメリカの大学は留学するに値するか;英語は「好戦的人間」を育てる―言語学者・鈴木孝夫から学ぶもの)

著者等紹介

寺島隆吉[テラシマタカヨシ]
1944年生まれ。東京大学教養学部教養学科(科学史科学哲学)卒業。元、岐阜大学教育学部(英語教育講座)教授。現在、国際教育総合文化研究所所長、英語教育応用記号論研究会(JAASET、略称「記号研」)代表。石川県立高校教諭(英語)として在職中に、金沢大学教育学部大学院教育学研究科(英語教育)修了。コロンビア大学、カリフォルニア大学バークリー校、サザン・カリフォルニア大学客員研究員。ノースカロライナ州立農工大学(グリーンズボロ)、カリフォルニア州立大学ヘイワード校日本語講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。