毎日が天国―自閉症だったわたしへ

個数:

毎日が天国―自閉症だったわたしへ

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 339p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784750341187
  • NDC分類 936

内容説明

しなやかで、たくましいあのドナが帰ってきた!離婚、失恋、愛する人の死…。つぎつぎと起こる人生の辛苦のなか、深く傷つきながらも、「あるがまま」の自分を信じ、人と世界にかかわっていく。きらめくような言葉で、いきいきと綴る心の軌跡。世界的ベストセラー『自閉症だったわたしへ』、待望の続編。

目次

わたしの今
二十分


子ヒツジたち
はじめての講演
日本からの撮影隊
心のなかに入ってきた人
暗雲
父の死〔ほか〕

著者紹介

ウィリアムズ,ドナ[ウィリアムズ,ドナ] [Williams,Donna]
1963年、オーストラリア生まれ。幼い頃からの記憶を綴った『Nobody Nowhere』(邦題『自閉症だったわたしへ』新潮文庫)を1992年に発表。世界で初めて自閉症者の精神世界を内側から描いた同書は十数カ国語に翻訳されて世界的ベストセラーとなった。そのほか作曲、絵画、彫刻に取り組むかたわら、世界各地の自閉症関係の講演やワークショップでも活躍中。現在は夫と共にオーストラリアに在住

河野万里子[コウノマリコ]
上智大学外国語学部フランス語学科卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)