• ポイントキャンペーン

世界の歴史教科書―11カ国の比較研究

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 306p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784750315379
  • NDC分類 375.9
  • Cコード C0022

出版社内容情報

アジア・欧米の中学校歴史教科書は何を教えているのか。近現代の植民地問題、世界大戦をどのように記述しているか、各国の専門家を交えて比較・検討する。ナショナリズム優位、多様な資料の比較による複眼的な視点の導入など、様々な特徴が浮かび上がる。

韓国―民族主義史観に依拠した歴史[石渡延男]
中国―生きいきと,リアルな記述[二谷貞夫]
シンガポール―八〇年代の「教科書問題」が引き起こした“変化”[高嶋伸欣]
ベトナム―歴史教育と人びとの「過去の記憶」[古田元夫]
インドネシア―独立を勝ちとったという誇り[西村重夫]
ドイツ―歴史を現代の問題として考える[黒田多美子]
ポーランド―歴史意識は教科書よりも家庭教育でつくられる[櫻井佳乃]
イギリス―世界を多角的に読み解く認識を育てる[越田稜]
オランダ―鮮明な加害・被害の濃淡[富永泰代]
アメリカ合衆国―討論を中心とした歴史の授業[大島京子]
日本―学ぶ側からの視点[石渡延男,越田稜]

目次

韓国―民族主義史観に依拠した歴史
中国―生きいきと、リアルな記述
シンガポール―八〇年代の「教科書問題」が引き起こした“変化”
ベトナム―歴史教育と人びとの「過去の記憶」
インドネシア―独立を勝ちとったという誇り
ドイツ―歴史を現代の問題として考える
ポーランド―歴史意識は教科書よりも家庭教育でつくられる
イギリス―世界を多角的に読み解く認識を育てる
オランダ―鮮明な加害・被害の濃淡
アメリカ合衆国―討論を中心とした歴史の授業
日本―学ぶ側からの視点

著者等紹介

石渡延男[イシワタノブオ]
東京大学教育学部講師。日韓教育実践研究会代表

越田稜[コシダタカシ]
学習院高等科教諭・学習院大学兼任講師
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

k.shirokuma

0
どの国の教科書も、自国民に自信と誇りを持てるように、編纂されている。それは、当たり前のことだろう。そんな中で、なぜ日本だけが、中国や韓国から自虐史観を押し付けられなければならないのか。2014/02/05

ななな☆

0
※韓国・中国・シンガポールとドイツ途中まで※2012/01/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/615490

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。