エチオピアの歴史―“シェバの女王の国”から“赤い帝国”崩壊まで

エチオピアの歴史―“シェバの女王の国”から“赤い帝国”崩壊まで

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 416p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784750312064
  • NDC分類 245.1
  • Cコード C0022

内容説明

エチオピアの歴史を建国時から1991年まで通して読める、本邦およびアジア初の試み。1855年以前に全体の七分の一強をあて、第二次イタリア‐エチオピア戦争に比重が置かれている。

目次

序 エチオピアとは何か
第1章 “シェバの女王の国”
第2章 “プレスター=ジョン(ヨハネ)”の国
第3章 諸公侯時代―1769~1855
第4章 エチオピアの統一とヨーロッパ列強
第5章 エチオピアにおける「近代化」
第6章 権力闘争の時代
第7章 イタリア占領時代―1936~1941
第8章 ハイレ‐セラシエの独裁時代―1941~1974
第9章 “赤い帝国”盛衰史―1974~1991

出版社内容情報

神話の世界=シェバ女王の国から,アフリカの星と喧伝された近現代まで。アクスム王国やイタリア―エチオピア戦争など特定の時期史実を取り上げるのではなく,建国から現在までを叙述する初の通史。

序 章 エチオピアとは何か
第1章 “シェバの女王の国”
第2章 “プレスター=ジョン(ヨハネ)”の国
第3章 諸公侯時代(一七六九~一八五五)
第4章 エチオピアの統一とヨーロッパ列強
第5章 エチオピアにおける「近代化」
第6章 権力闘争の時代
第7章 イタリア占領時代
第8章 ハイレ-セラシエの独裁時代(一九四一~一九七四)
第9章 “赤い帝国”盛衰史(一九七四~一九九一)