人物叢書 新装版
京極為兼

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 284p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784642052368
  • NDC分類 911.142
  • Cコード C1323

内容説明

鎌倉時代後期の歌人。藤原定家の流れを汲む和歌の一門に育ち、伝統的な歌風を刷新する「京極派」を確立。宗家の二条派と争った末、勅撰集『玉葉和歌集』を撰進するが、「和歌の師範」の立場を超えた政治への介入を疎まれ、二度の配流に遭う。清新な美意識と印象鮮明な歌風に彩られた豊富な作品を織り交ぜながら、反骨を貫いた波瀾の生涯を描く実伝。

目次

序 和歌の家
第1 為兼の成長期
第2 政界への進出―正応・永仁期
第3 第一次失脚
第4 帰還以後―嘉元・徳治期
第5 両卿訴陳と『玉葉集』
第6 頂点から第二次失脚へ―正和期
結 為兼の復権

著者等紹介

井上宗雄[イノウエムネオ]
1926年生まれ。1953年早稲田大学大学院文学研究科修士課程修了。立教大学名誉教授。文学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。