人物叢書 新装版<br> 新田義貞

個数:

人物叢書 新装版
新田義貞

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年05月27日 06時16分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 213p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784642052320
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C1323

内容説明

新田義貞は鎌倉幕府を滅ぼした武将。後醍醐天皇の計画に呼応して倒幕を果たし、建武政府の一翼を担う。足利尊氏との対立を深め、南北朝動乱の中で、転戦の末、越前国藤島で不慮の戦死を遂げる。信頼し得る古文書を博捜し、義貞を支えた人的基盤を探るとともに、『太平記』によって創り出された凡将・愚将観を見直す。その実像を活写する義貞伝の決定版。

目次

第1 火山灰地に立つ(上野国新田荘と新田氏;得宗専制下の新田一族と長楽寺の再建 ほか)
第2 元弘の乱・南北朝内乱における義貞(義貞、鎌倉幕府を滅ぼす;建武政府を支えた新田一族 ほか)
第3 義貞の妻・子息と一族・家臣(義貞の妻と子息たち;新田一族の活躍とその舞台 ほか)
むすび 新田義貞の史的評価(南北朝内乱のなかの義貞;義貞は時代遅れの凡将・愚将か ほか)

著者等紹介

峰岸純夫[ミネギシスミオ]
1932年生まれ。1961年慶応義塾大学大学院修士課程修了。東京都立大学名誉教授、国学院大学大学院講師、文学博士
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。