有斐閣選書<br> 社会福祉の歴史―政策と運動の展開 (新版)

個数:

有斐閣選書
社会福祉の歴史―政策と運動の展開 (新版)

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年06月22日 18時54分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 462p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784641280588
  • NDC分類 369.02
  • Cコード C1336

出版社内容情報

わが国の最近の基礎構造改革までの推移をはじめ、英国のサッチャー政権誕生後の変化を織り込み、時代を画するトピックを中心に福祉政策の展開を解説。

内容説明

英・米・日における社会福祉の歴史的展開形成の過程を重要なトピックスに焦点を当てて解説する。新版化にあたり、英国サッチャー政権以降の福祉国家政策の変貌や日本の基礎構造改革など現代社会福祉の動向を加えた。

目次

序 社会福祉政策の形成と展開―史的分析の視点と方法
1 イギリスの社会福祉(重商主義の貧民政策―エリザベス救貧法から労役場テスト法まで;新救貧法における経済的自由主義の勝利―イギリスの新救貧法 ほか)
2 アメリカ合衆国の社会福祉(自助・貧窮・個人責任の論理―アメリカの救貧法;ソーシャル・ワークの成立―リッチモンドの貢献 ほか)
3 戦前日本の社会事業(恤救規則の成立と意義―恤救規則;救済の抑制と国民の感化―感化救済事業 ほか)
4 戦後日本の社会福祉(敗戦と戦後社会福祉の成立―占領下の社会福祉事業;社会福祉と皆保険体制―医療問題を中心に ほか)

著者等紹介

右田紀久恵[ウダキクエ]
1931年大阪府に生まれる。1953年大阪市立大学家政学部卒。現在、広島国際大学副学長・医療福祉学部教授

高沢武司[タカサワタケシ]
1934年東京都に生まれる。1961年日本社会事業大学社会福祉学部卒。現在、岩手県立大学社会福祉学部教授

古川孝順[フルカワコウジュン]
1942年佐賀県に生まれる。1964年日本社会事業大学社会福祉学部卒。現在、東洋大学社会学部教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。