有斐閣アルマ<br> 新しい時代の生涯学習 (第3版)

個数:
電子版価格 ¥2,268
  • 電書あり

有斐閣アルマ
新しい時代の生涯学習 (第3版)

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 318p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784641221062
  • NDC分類 379
  • Cコード C1337

内容説明

教育を与える人の立場からでなく学習する人の立場を重視して書かれた、画期的な生涯学習の入門テキストです。社会教育主事、公民館主事、図書館司書、博物館学芸員などを目指す人の必携書です。

目次

今なぜ生涯学習がクローズアップされるのか
人は発達段階に応じて何を学ぶか
就職すると人はどのような学習をするのか
情報からの学習―図書館から人はどのような学習をするのか
「もの」からの学習―博物館から人はどのような学習をするのか
地域の場からの学習―地域社会を基盤に人はどのような学習をするのか
地域の人びとの相互学習
教育によらない強力な学習―宗教の場合
女性の生涯の変化は男女にどのような学習を求めるか
人口の高齢化は学習をどう変えるか
情報技術は学習をどう変えるか
グローバル化は学びをどう変えているのか
学校を開くことと生涯学習
生涯学習の方法
生涯学習の重視は社会の仕組みを変える

著者等紹介

関口礼子[セキグチレイコ]
1937年生まれ。1959年お茶の水女子大学文教育学部卒業。1972年東京大学大学院教育学研究科博士課程単位取得退学。1969年ドイツWestf¨alische‐Wilhelms Universit¨at zu M¨unsterよりDr.Phil.。1975年聖徳学園岐阜教育大学助教授、図書館情報大学助教授、同教授、大妻女子大学社会情報学部教授を経て、2010年より現職。日本の社会研究所代表

西岡正子[ニシオカショウコ]
1949年生まれ。1974年京都府立大学文学部卒業。1978年アメリカ合衆国州立インディアナ大学大学院教育学研究科成人教育学専攻修士課程修了。1981年オハイオ州立大学大学院教育学研究科にて成人教育学専攻の後、同大学国際研究室研究員。1988年佛教大学講師、同助教授、同教授を経て、2017年佛教大学退職。2003年カナダカルガリー大学大学院客員教授。佛教大学名誉教授

鈴木志元[スズキユキモト]
1952年生まれ。1977年東北大学理学部数学科卒業。1992年東京大学大学院教育学研究科博士課程単位取得退学。1992年近畿大学講師、同助教授を経て、1999年より現職。南山大学人文学部准教授

堀薫夫[ホリシゲオ]
1955年生まれ。1978年大阪大学人間科学部卒業。1983年大阪大学大学院人間科学研究科博士課程修了。博士(人間科学)。1984年福井県立短期大学一般教養科講師、同助教授、大阪教育大学教育学部助教授を経て、2002年より現職。大阪教育大学教育学部教授

神部純一[カンベジュンイチ]
1963年生まれ。1987年同志社大学文学部卒業。1993年広島大学大学院教育学研究科博士課程単位取得退学。1995年滋賀大学講師、同助教授、同准教授を経て、2012年より現職。滋賀大学社会連携研究センター教授

柳田雅明[ヤナギダマサアキ]
1963年生まれ。1987年上智大学文学部教育学科卒業。1993年慶應義塾大学大学院社会学研究科教育学専攻博士後期課程単位取得退学。東京大学先端科学技術研究センター助手。1997年高知大学教育学部助教授。2001年東京大学大学院工学系研究科より、博士(学術)。2003年青山学院大学文学部助教授等を経て、2009年より現職。青山学院大学教育人間科学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

大きく変動する社会の中で重要性を増している「生涯学習」について,学び手の視点を重視して書かれた入門テキスト最新版。統計データ等を刷新し,学習相談,地域の人々の相互学習等のトピックを追加。社会教育主事,公民館主事,司書,学芸員をめざす人必読。

第1章 今なぜ生涯学習がクローズアップされるのか
第2章 人は発達段階に応じて何を学ぶか
第3章 就職すると人はどのような学習をするのか
第4章 情報からの学習──図書館から人はどのような学習をするのか
第5章 「もの」からの学習──博物館から人はどのような学習をするのか
第6章 地域の場からの学習──地域社会を基盤に人はどのような学習をするのか
第7章 地域の人びとの相互学習
第8章 教育によらない強力な学習──宗教の場合
第9章 女性の生涯の変化は男女にどのような学習を求めるか
第10章 人口の高齢化は学習をどう変えるか
第11章 情報技術は学習をどう変えるか
第12章 グローバル化は学びをどう変えているのか
第13章 学校を開くことと生涯学習
第14章 生涯学習の方法
第15章 生涯学習の重視は社会の仕組みを変える

関口 礼子[セキグチレイコ]
著・文・その他

西岡 正子[ニシオカショウコ]
著・文・その他

鈴木 志元[スズキユキモト]
著・文・その他