有斐閣選書<br> 高速文明の地域問題―東北新幹線の建設・紛争と社会的影響

有斐閣選書
高速文明の地域問題―東北新幹線の建設・紛争と社会的影響

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 287,/高さ 19X14cm
  • 商品コード 9784641180987
  • NDC分類 686.21

内容説明

現代の高速文明は地域社会をどう変え、日本の国土全体をどう再編しているか。われわれの日常生活は、それによってどのような変容をこうむるか。4全総の策定(1987)を契機に、新幹線網だけでなく高速道路網の建設、空港の大型化など交通・情報のネットワーク化は、ますます強力に推し進められている。本書は、東北新幹線に焦点を合わせ、その建設、紛争と社会的影響をトータルにとらえる試みであり、今日の高速交通ネットワークが引き起こす地域社会の変容、ひいては国土全体の再編というホットな問題に挑戦した、気鋭の社会学者たちの長年にわたる共同研究の成果である。

目次

1章 大規模開発プロジェクトと地域問題―国土計画における高速交通ネットワークの位置
2章 東北・上越新幹線の建設と地域紛争―東北・上越新幹線をめぐる地域紛争の5段階
3章 「未熟型」公共事業としての新幹線建設
4章 建設計画の決定・実施過程と住民運動
5章 構造的緊張の連鎖的転移―伊奈町のニューシャトルをめぐる利害調整過程
6章 高速交通ネットワークは何をもたらしたか―東北新幹線開業の社会的機能
7章 「地域問題」の日欧比較―その意味内容のずれに注目して
東北新幹線問題関連文献リスト
東北新幹線問題関連年表