地域マーケティング論―地域経営の新地平

  • ポイントキャンペーン

地域マーケティング論―地域経営の新地平

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 309p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784641163690
  • NDC分類 675
  • Cコード C3034

内容説明

住民のニーズに立脚し、多様な主体による問題解決手段としてのマーケティング対応を「地域マーケティング」ととらえ、その論理と体系を解明する。地域経営、地域ブランド、地域活性化といった論点を、統合的にまとめ上げる渾身作。

目次

第1部 本書の射程とマーケティング・アプローチの有効性―既存研究の現状を踏まえて(「地域経営」の定義・特性と本書の射程;既存研究の現状とマーケティング論的アプローチの有効性)
第2部 「マーケティング・ネットワークの地域“基本”モデル」(自治体マーケティングの位置づけ・転換・限界―「関係性モデル」の重要性とNPOの役割;「マーケティング・ネットワークの地域“基本”モデル」(「中山間地モデル」)―京都府旧中郡大宮町の事例を通して ほか)
第3部 「マーケティング・ネットワーク」の構造と「“包括”モデル」(自治体の位置づけと「“包括”モデル」;「“包括”モデル」の構造(1)―経済系中間組織による非営利組織のマーケティングの複数・水平・地域横断的連携 ほか)
第4部 「マーケティング・ネットワーク」の構築の手段と成果(地域通貨;地域コミュニティ協働事業推進貯金(現代版地方財政投融資制度)―公共事業実施の抜本改革 ほか)
第5部 「“包括”モデル」の可能性と地域経営の新地平(「“包括”モデル」の理論的・現実的可能性;地域経営の新地平―マクロ的枠組み再編とミクロ的基盤を踏まえて)

著者等紹介

矢吹雄平[ヤブキユウヘイ]
現職:岡山大学大学院社会文化科学研究科組織経営専攻准教授(2005年4月より)。一橋大学経済学部卒業、慶應義塾大学大学院経営管理研究科博士課程中退。郵政省貯金局計画調査課、経済企画庁調査局内国調査第一課、(株)ボストン・コンサルティング・グループ東京事務所を経て、慶應義塾大学大学院経営管理研究科へ。岡山商科大学商学部勤務の後、現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。