有斐閣アルマ<br> クロニクル社会学―人と理論の魅力を語る

個数:

有斐閣アルマ
クロニクル社会学―人と理論の魅力を語る

  • 那須寿
  • 価格 ¥2,310(本体¥2,100)
  • 有斐閣(1997/12発売)
  • ポイント 21pt
  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 293p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784641120419
  • NDC分類 361
  • Cコード C1336

内容説明

本書は、今日の社会学に多大な影響を与え続けている社会学者たちによる社会学との格闘の軌跡である。

目次

社会学への招待―社会学の歩みのなかで
デュルケムと社会的事実―道徳と社会
パーソンズと社会秩序―功利と価値
ルーマンと社会学的啓蒙―システムと意味
コールマンと合理的選択理論―社会の合理的なコントロール
マルクスと資本主義批判―物象化の論理
ウェーバーと理解社会学―合理化への問い
マンハイムと知識社会学―文化的危機への問い
ハーバーマスとコミュニケーション的行為―生活世界の合理性の解放を求めて
フーコーと主体の系譜学―権力と主体〔ほか〕