論集幕藩体制史 〈第1期(支配体制と外交・貿易)〉 封建思想と教学

論集幕藩体制史 〈第1期(支配体制と外交・貿易)〉 封建思想と教学

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 511p/高さ 23cm
  • 商品コード 9784639013235
  • NDC分類 210.5
  • Cコード C3321

出版社内容情報

目次 封建倫理 幕藩主従制の思想的原理 幕藩制期の天皇のイデオロギー的基盤 惺窩の学風と学統 儒学思想論 山崎闇斎の思想と朱子学 中江藤樹の思想形成 熊沢蕃山の歴史思想 山鹿素行における思想の歴史的性格 伊藤仁斎学の構成【ほか】

内容説明

藤原惺窩、山崎闇斎、中江藤樹、熊沢蕃山、山鹿素行、伊藤仁斎、荻生徂徠らの思想の解明を通して、幕藩国家の思想的原理を究明。

目次

1 封建倫理
2 幕藩主従制の思想的原理
3 幕藩制期の天皇のイデオロギー的基盤
4 惺窩の学風と学統
5 儒学思想論
6 山崎闇斎の思想と朱子学
7 中江藤樹の思想形成
8 熊沢蕃山の歴史思想
9 山鹿素行における思想の歴史的性格
10 伊藤仁斎学の構成
11 荻生徂徠における朱子学の理解と批判

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

きさらぎ

2
※読書記録※図書館でコピー、拾い読み。出版は1995年だが収録されている論文は結構古い。宮沢誠一「惺窩の学風と学統」日野龍夫「儒学思想論」辺りは結構面白かった。「惺窩~」は特に目新しいところはないが、惺窩の生涯がコンパクトにまとめられていることと、「剛峭」「機鋒の激しい」など、惺窩を形容する表現から雰囲気が伝わってきて興味深い。日野氏の「儒学思想論」は儒学の日本化というか、現実との適合への模索を論じる。現実への「迎合」とも捉えられやすい林羅山への共感が中々に快く、参考になった。2015/09/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2273517

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。