闘争するフェミニズムへ

闘争するフェミニズムへ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 268p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784624501150
  • NDC分類 367.2
  • Cコード C0036

出版社内容情報

日本のフェミニズムの主要な課題として著者は性差別を生み出した日本の近代化の問題を取上げ、日本独特の差別システムがどう構造化されたかを解明。意欲的な日本文化解体論。

内容説明

日本文化の性差別解体にむけてのフェミニズム批評実践。

目次

第1章 日本近代批判(フェミニズムからの「京都学派」批判;日本資本主義とその文化イデオロギー;日本的人権のアルケオロジー ほか)
第2章 日本文化解体論(女性の穢れと聖化のメカニズム;フェミニズムからの浄土解体論;仏教と性 ほか)
第3章 現代フェミニズムへの挑戦(フェミニズムは問われている―「従軍慰安婦」問題と日本的性風土;抹殺と忘却の罪―「従軍慰安婦」問題の真の解決を;日本主義フェミニズムを超えて―フェミニズム人権論の可能性 ほか)