• ポイントキャンペーン

保育発達学

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 234p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784623046676
  • NDC分類 376.11
  • Cコード C3011

出版社内容情報

保育に役立つ心理学の重要項目を手際よく精選し、体系的に理解できるよう、学びやすく解説したテキスト

内容説明

10Lesson、3Topic、4Basicにより、保育に必要な発達学の基礎を学びつくす。

目次

こころの起源(新生児)
子どもの世界のはじまり(乳児)―動く・知る・喋るの起源
発達を支えるもの(乳幼児)―始めての母子の絆
幼児の身のこなし―動きと遊び
生活習慣の形成と親の役割―社会スキルのファーストステップ
幼児のもののみ方と感じ方―知恵の誕生
幼児のもののみ方と考え方―ピアジェの認識発生論
ことばの発達と知恵の拡がり―話しことばと読み・書きことば
自我形成と社会化への道―フロイトの基礎概念
遊びからの社会スキル―その発達の実際
知能と知的障害(発達障害)
赤ちゃんの気質とその成りゆき
社会スキルの発達とその障害―非言語性LDサブ・タイプの社会スキルから
保育発達学の課題
発達のみ方・把え方―アプローチの方法
関連データのまとめ方―発達統計法

著者等紹介

服部照子[ハットリテルコ]
聖和大学教育学部幼児教育学科教授。聖和大学大学院教育学研究科教授

岡本雅子[オカモトマサコ]
関西女子短期大学保育科助教授

閑喜美史[カンキミフミ]
大阪府立高槻養護学校小学部教諭

前島寛子[マエシマヒロコ]
関西福祉大学社会福祉学部社会福祉学科専任講師

荻田純久[オギタヨシヒサ]
滋賀女子短期大学幼児教育保育学科専任講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。