• ポイントキャンペーン

Minerva西洋史ライブラリー
西欧中世史事典〈2〉皇帝と帝国

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 256,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784623039302
  • NDC分類 230.4
  • Cコード C3322

内容説明

「皇帝と帝国」がどのような意味をもつのかという問題は、歴史研究の最も重要なテーマのひとつである。「神聖ローマ帝国」の皇帝は、1000年にもわたって、ヨーロッパ大陸の西部で、最も地位の高い君主であった。ヨーロッパの人々の政治意識や宗教意識において、皇帝権は大きな役割を演じ、ヨーロッパが文化的な統一体になることに寄与したのである。本書は、『西欧中世史事典』の続編として構想された、帝国と皇帝権に関する国制史の教科書である。入門書としての教育的な見地から、様々な学説、現在の論争、未解決の問題を述べただけでなく、制度、人物、出来事、概念に関する導入的な解説をも加え、主要な史料の該当箇所は原語と意訳で示し、また事典としても役立つように配慮した。

目次

1 帝国(概念規定;歴史的背景;帝国の領土;帝国と国民 ほか)
2 皇帝権(概念規定;歴史的背景;皇帝権の国制史的・理念史的現象形態)

著者等紹介

シュルツェ,ハンス・クルト[シュルツェ,ハンスクルト][Schulze,Hans Kurt]
1932年ドイツ・テューリンゲン地方のアルテンブルクに生まれる。1951年ライプツィヒ大学とベルリン自由大学で歴史学と古典語を学ぶ(~61年)。1962年哲学博士の学位取得。1971年マールブルク大学教授に就任。1998年定年退職

五十嵐修[イガラシオサム]
1957年埼玉県生まれ。1989年早稲田大学大学院文学研究科史学専攻博士課程退学(課程修了)。東洋英和女学院大学国際社会学部助教授

浅野啓子[アサノケイコ]
1984年早稲田大学大学院文学研究科史学専攻博士課程退学(課程修了)。早稲田大学理工学部非常勤講師、米沢女子短期大学非常勤講師

小倉欣一[オグラキンイチ]
1937年東京都生まれ。1966年早稲田大学大学院文学研究科史学専攻博士課程退学(課程修了)。早稲田大学文学学術院教授

佐久間弘展[サクマヒロノブ]
1958年愛媛県生まれ。1992年バイロイト大学博士課程修了。早稲田大学教育総合科学学術院教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

xin

2
扱っているテーマは専門的だがある程度概説的なのがいい。中世に関して深く知りたいなら読んでおくべき本。2016/08/12

mittsko

0
斜め読み。今後もちょくちょく参照させてもらうことになるだろう2010/01/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/283953

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。