Minerva西洋史ライブラリー<br> 帝国主義と工業化1415~1974―イギリスとヨーロッパからの視点

個数:

Minerva西洋史ライブラリー
帝国主義と工業化1415~1974―イギリスとヨーロッパからの視点

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年01月28日 20時06分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 230,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784623032204
  • NDC分類 332.06
  • Cコード C3322

出版社内容情報

【内容】
イギリスとヨーロッパの工業化にとって、非ヨーロッパ世界への帝国主義的な海外膨脹はいかなる意味を持ったのか。
本書は、ウォーラーステインに代表される「世界システム」論に対抗して、イギリスとヨーロッパの視点から書かれたオブライエンの代表的論文の翻訳である。イギリス産業革命の起源論、近年注目を集める国家財政史研究、工業化の国際比較、ヨーロッパ帝国主義のコストと利益をめぐる論争など、欧米における経済史学界の最新の研究成果を駆使しながら、新たな「グローバルヒストリー」の構築をめざす。


【目次】
序 帝国主義と工業化
1 工業化の世界史的視座
2 海外帝国がヨーロッパ人にもたらした利益とコスト
3 不断の関係
4 イギリス税制のポリティカル・エコノミー
訳者解説
あとがき

内容説明

イギリスとヨーロッパの工業化にとって、非ヨーロッパ世界への帝国主義的な海外膨張はいかなる意味を持ったのか。本書は、ウォーラーステインに代表される「世界システム」論に対抗して、イギリスとヨーロッパの視点から書かれたオブライエンの代表的論文の翻訳である。イギリス産業革命の起源論、近年注目を集める国家財政史研究、工業化の国際比較、ヨーロッパ帝国主義のコストと利益をめぐる論争など、欧米における経済史学界の最新の研究成果を駆使しながら、新たな「グローバルヒストリー」の構築をめざす。

目次

序章 帝国主義と工業化
第1章 工業化の世界史的視座
第2章 海外帝国がヨーロッパ人にもたらした利益とコスト
第3章 不断の関係―貿易・経済・財政国家・大英帝国の拡大(1688‐1815年)
第4章 イギリス税制のポリティカル・エコノミー―1660‐1815年

著者等紹介

オブライエン,パトリック・カール[O’Brien,Patrick Karl]
1932年生まれ。1960年英国オクスフォード大学ナッフィールドカレッジ修了。現在、英国ロンドン大学(London School of Economics and Political Sciences〔LSE〕)教授。同・歴史学研究所シニアリサーチフェロー。主著にThe Industrial Revolution and British Society,with R.Quinault(Oxford University Press,1993)、The Economic Effects of the American Civil War(Macmillan,1988)、The New Economic History of Railways(Croom-Helm,1977)

玉木俊明[タマキトシアキ]
1964年生まれ。1993年同志社大学大学院文学研究科博士後期課程中退。現在京都産業大学経済学部助教授。主著「バルト海貿易(1560-1660年)-ポーランド・ケーニヒスベルク・スウェーデン-」『社会経済史学』第57巻5号、1992年。「イギリスのバルト海貿易(1661-1730年)」『西洋史学』176号、1995年。「イギリスのバルト海貿易(1731-1780年)」『社会経済史学』第63巻6号、1998年。“The Formation of the Fiscal Military State and the Network of Merchants”,KSU Economic and Business Review,No.25、1998
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。