Minerva現代経済学叢書<br> イギリス100年の政治経済学―衰退への挑戦

個数:
  • ポイントキャンペーン

Minerva現代経済学叢書
イギリス100年の政治経済学―衰退への挑戦

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 253p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784623030491
  • NDC分類 332.33
  • Cコード C3333

出版社内容情報

【内容】
イギリス経済の停滞、「更年期」、絶対的衰退が言われた19世紀末大不況期、マーシャルの時代、19世紀システムが行き詰まったケインズの時代、第二次大戦後カルドアの時代──。その時代時代の経済学者は政策課題をどのように捉え、どのような経済学・経済思想を構築したのだろうか。
本書では、19世紀末大不況から1990年代サッチャーの時代までをカバーし、それぞれの時代の政策課題を、100年にわたるイギリス経済の変遷とともにあとづけ、それらをめぐる政治的対立・経済的背景を考察する。

【目次】
序 イギリス100年の政治経済学に向けて

1. イギリス産業の停滞とアシュレー、マーシャル
2. 新古典派経済学と産業政策
3. 自由貿易と関税改革
4. 新自由主義とフェビアニズムの政治経済学
5. 雇用政策、産業合理化をめぐるケインズと大蔵省
6. ケインズの雇用政策
7. 帝国統合の構想の破綻
8. EC加盟論争
9. 国有化・民営化と戦後経済の軌跡

関連年表
人名・索引事項

内容説明

イギリス経済の停滞、「更年期」、絶対的衰退が言われた19世紀末大不況期、マーシャルの時代、19世紀システムが行き詰まったケインズの時代、二次大戦後カルドアの時代―。その時代時代の経済学者は政策課題をどのように捉え、どのような経済学・経済思想を構築したのだろうか。本書では、19世紀末大不況から1999年代サッチャーの時代までをカバーし、それぞれの時代の性格と政策課題を、100年にわたるイギリスの経済の変遷とともにあとづけ、それらをめぐる政治的対立・経済的背景を考察する。

目次

序 イギリス100年の政治経済学に向けて
1 イギリス産業の停滞とアシュレー、マーシャル
2 新古典派経済学と産業政策
3 自由貿易と関税改革
4 新自由主義とフェビアニズムの政治経済学
5 雇用政策、産業合理化をめぐるケインズと大蔵省
6 ケインズの雇用政策
7 帝国統合の構想の破綻
8 EC加盟論争
9 国有化・民営化と戦後経済の軌跡