誓います―結婚できない僕と彼氏が学んだ結婚の意味

個数:

誓います―結婚できない僕と彼氏が学んだ結婚の意味

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年09月25日 11時51分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 344p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784622085966
  • NDC分類 367.9
  • Cコード C0036

内容説明

現代の結婚に意味はない?人生の墓場?結婚につきもののそんな疑問や不安に向き合いつつ、結婚の意味を探究するノンフィクション。それが婚姻の単なる損得勘定に堕さないのは、著者たちが婚姻制度に守られていない同性カップルだからだ。驚くほど多彩なパートナーシップのあり方を見聞して考え抜いた二人は、ちょっと型破りな結婚観、そして納得の結末にたどり着く。読みながらあなたの結婚観も揺さぶられ、試されずにはいられない。婚姻につきまとう固定観念、そして広がりつつある虚無感への、痛烈な一撃となるか。著者の出世作『キッド』とともに、家族やパートナーシップの多様な形態が共存できる社会を目指す、等身大のアクション。

目次

第1部 プロポーズ(ロード・トリップ;物議をかもす;内なる敵;一つ屋根の下;帰路)
第2部 婚約(昔の結婚;今の結婚;拝借する;ブルー)
第3部 急展開(プランナーに依頼する;五つのケーキ;四つの喧嘩;三つのセカンド・オピニオン;二つの至福の時;もう一度、最後の説得;見込みゼロ)

著者紹介

サヴェージ,ダン[サヴェージ,ダン] [Savage,Dan]
1964生まれ。シアトルのローカル紙The Strangerのエディトリアル・ディレクター、作家。そのほか、ラジオパーソナリティ、TVコメンテイター/レポーター、シアトルの劇団「グリーク・アクティブ」の劇作家・演出家(キーナン・ホラハン名義)など、多彩な活躍をしている。シアトルに在住

大沢章子[オオサワアキコ]
翻訳家。1960年生まれ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

同性カップルだからこそ、現代に結婚する理由を考えてみた──多様なパートナーシップが共存できる社会を目指す、自然体のアクション現代の結婚に意味はない? 人生の墓場? 結婚につきもののそんな疑問や不安に向き合いつつ、結婚の意味を探究するノンフィクション。それが婚姻の単なる損得勘定に堕さないのは、著者たちが婚姻制度に守られていない同性カップルだからだ。
驚くほど多彩なパートナーシップのあり方を見聞して考え抜いた二人は、ちょっと型破りな結婚観、そして納得の結末にたどり着く。読みながらあなたの結婚観も揺さぶられ、試されずにはいられない。婚姻につきまとう固定観念、そして広がりつつある虚無感への、痛烈な一撃となるか。
原著が書かれたのは’04年、ブッシュ大統領の再選ののち、米国で同性愛者への風当たりが強まっていた時期である。それだけに本書が同性婚に関して投げかけるメッセージは真直だ。《「同性愛者の居場所は? どんな形で家族制の中に組み込むのか? 彼らの市民としての権利、さらに彼らの人としての権利をどのように認めるのか?」同性婚賛成派はそれらの問いへの答えを持っている。僕たちゲイは市民のための制度すべての対象でありたい。同じ規則、同じ責任を適用してもらいたい、と。同性婚反対の人々の答えは──何なのか?》
著者の出世作『キッド』とともに、家族やパートナーシップの多様な形態が共存できる社会を目指す、等身大のアクション。

第 I 部 プロポーズ
第1章 ロード・トリップ
第2章 物議をかもす
第3章 内なる敵
第4章 一つ屋根の下
第5章 帰路

第 II 部 婚約
第6章 昔の結婚
第7章 今の結婚
第8章 拝借する
第9章 ブルー

第 III 部 急展開
第10章 プランナーに依頼する
第11章 五つのケーキ
第12章 四つの喧嘩
第13章 三つのセカンド・オピニオン
第14章 二つの至福の時
第15章 もう一度、最後の説得
第16章 見込みゼロ

謝 辞


訳者あとがき

ダン・サヴェージ[ダン サヴェージ]
1964生まれ。シアトルのローカル紙The Strangerのエディトリアル・ディレクター、作家。New York Times, Salon.com, Nest, Rolling Stone, The Onionなどへ論説を寄稿。彼が1991年にはじめたセックス・コラムSavage Love(“性愛と性癖についてのお悩み相談室”)は、アメリカ、カナダ、ヨーロッパ、アジアの紙誌で20年以上連載中。そのほか、ラジオパーソナリティ、TVコメンテイター/レポーター、シアトルの劇団「グリーク・アクティブ」の劇作家・演出家(キーナン・ホラハン名義)など、多彩な活躍をしている。パートナーのテリー、息子のD・Jとともにシアトルに在住。

大沢章子[オオサワアキコ]
翻訳家。1960年生まれ。訳書に、D・サヴェージ『キッド──僕と彼氏はいかにして赤ちゃんを授かったか』『誓います――結婚できない僕と彼氏が学んだ結婚の意味』、R・M・サポルスキー『サルなりに思い出す事など――神経科学者がヒヒと暮らした奇天烈な日々』(以上、みすず書房)R・ジョージ『トイレの話をしよう──世界65億人が抱える大問題』(NHK出版)、D・コープランドほか 『モテる技術 入門編』『モテる技術 実践編』(SBクリエイティブ)、J・ ロズモンド『家族力──「いい親」が子どもをダメにする』(主婦の友社)、C・ジェームス・ジェンセン『潜在意識をとことん使いこなす』(サンマーク出版)、ほか多数。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件