神谷美恵子コレクション<br> 本、そして人―神谷美恵子コレクション

個数:

神谷美恵子コレクション
本、そして人―神谷美恵子コレクション

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年12月04日 07時12分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 349,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784622081852
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0311

内容説明

「私は失敗ばかりしてきたような気がするが、その苦悩のなかで、ほんの少しばかり自分の頭でものを考えることができるようになったような気がする。それというのも、自分の頭でというよりは、多くの「精神的恩人」が心に残していってくれたものによるのだろう」結核療養期を支えてくれた「恩人」マルクス・アウレリウス、一生を決めるほどの「電撃」をうけたプラトンをはじめ、人生の折々に神谷美恵子を助け、つくりあげた本、そして人。新編集で贈るエッセイ集。

目次

「存在」の重み―わが思索 わが風土
生きがいの基礎
ヒルティの恩
『ポリテイア(国家)』今昔
ミッシェル・フーコーとの出会い
V.ウルフの夫君を訪ねて
癩園内の一精薄児
島の診療記録から
蔦の話
心に残る人びと〔ほか〕

著者等紹介

神谷美恵子[カミヤミエコ]
1914‐1979。1935年津田英学塾卒、コロンビア大学に留学。1944年東京女子医専卒、同年東京大学医学部精神科入局。1952年大阪大学医学部神経科入局。1957‐72年長島愛生園勤務。1960‐64年神戸女学院大学教授。1963‐76年津田塾大学教授。医学博士。1979年10月22日没
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Gotoran

35
神谷美恵子コレクション(全5巻)の最終巻、神谷美恵子著作集5・6を中心に、出会った本や人について著者が感じ思索を巡らせたエッセイ、加えて同じ精神科医で文筆家の中井久夫の解説と神谷美恵子の本棚を収録。著者が人生の折々で助けられ自己の信念を作り上げた本、そして人。随所に著者の誠実さ・ひたむきさ・永遠に輝く魂を感じることが出来た。気付き・学びに溢れた本書をキー・ブックにして、著者の足跡を追ってみたい。まずは、新渡戸稲造、マルクス・アウレーリウス、ミッシェル・フーコー当たりから。2014/07/08

ココマ

12
著者には運と知性に恵まれた「文学的な聖女」のイメージがあったのだが、実際の彼女は自らを厳しく一生勉強に追い立てつつ、どこでも異邦人のような感覚で生きたのではないだろうか、と考えさせられた。本書は自身の不安定な幼少期の話から始まる。そして彼女と接点のあった有名人物達の解析も出てくるがいずれも孤高故の孤独、愛への切望等、人間らしい心の奥の話である。人は何かの役に立たなければ生きる価値がないのか、と長年の彼女の疑問が切なく繰り返し出てくる一方、全ての人に自分独自の道を歩んでいく強さを与える不思議な本でもある。2019/07/05

Susumu Kobayashi

6
神谷美恵子コレクション5。著者の専門である精神医学からはずれた分野について書かれたものが多数まとめられている。肺結核になりながらも、後年大成することができたのは、当人の資質・努力はもちろん、環境の影響も大きい。「ともかく口だけでいうなら誰でも立派なことを言えます。けれども自分の全生涯をもってそれを行動にあらわすのは、むつかしいことだと思います。(中略)毎日の生き方の中で、自分の内なるものを外にあらわすということが一番むつかしいことであり、同時に一番貴いことだと考えています」(p. 137)。2018/10/30

直入

1
本はいろいろな考えや思いをもたらしてくれる.それは,神谷さんのような尊い方でも同じなようで,特に彼女の場合は,多くの病気を患いながら読書を続けていたため,浮かんだ考えや思いが,生きること,つまり行動や思想として昇華され易かったのではなかろうか.などど,神谷さんの生き方を一言で説明できないことは分かっていながら,また,彼女にとって無礼であることは承知の上で,私は考えた.だからこれほど尊い人生に成りえたのかと.本著の,神谷さんが28歳のとき「キュリー夫人」を読んだあとに記した日記がとても良い.2016/05/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/24481

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。