コペルニクス・天球回転論

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 247p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784622040927
  • NDC分類 443.9
  • Cコード C1044

内容説明

1543年5月24日、臨終の床にあったポーランドの聖堂参事会員ニコラウス・コペルニクスの許に、印刷されたばかりの彼の主著が届けられた。『天球回転論』と題するこの書こそは、古代・中世を通して支配的であったアリストテレス=プトレマイオス流の地球中心説(天動説)に真っ向から対立する宇宙論=太陽中心説(地動説)を打ち立て、“科学革命”という歴史的事件を引き起こす引き金となったものであり、近代の幕開けを告げる革命の書であった。本書は、『天球回転論』第1巻の待望の新訳と、コペルニクスが初めて太陽中心説の構想を記した未刊論文『コメンタリオルス』の初の邦訳から成り、併せて天文学における“コペルニクス革命”の意味を解明する詳細な訳者解説を付したものである。

目次

1 天球回転論(宇宙は球形であること;大地もまた球形であること;どのようにして大地は水と共に1つの球状をなすのか ほか)
2 コメンタリオルス(天球の順序について;太陽に関して現われる諸運動について;運動の一様性は2分点ではなく恒星を起点とすべきこと ほか)
3 解説・コペルニクスと革命(コペルニクス以前の天文学1:ギリシアとローマの世界;コペルニクス以前の天文学2:アラビアとヨーロッパの世界)
コペルニクスの天文学―地球中心説から太陽中心説へ
コペルニクス説の受容と変容の過程 ほか)

著者等紹介

高橋憲一[タカハシケンイチ]
1946年生まれ。1970年早稲田大学理工学部電気工学科卒業。1979年東京大学大学院理学研究科退学(科学史・科学基礎論専攻)。1990年理学博士(東京大学)。九州大学大学院比較社会文化研究院教授を務め、現在は九州大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

天動説から地動説への転換をもたらし、近代の幕開けを告げた科学史第一級の古典。待望の新訳。