躁うつ病と対人行動―実存分析と役割分析

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 298,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784622022343
  • NDC分類 493.76

出版社内容情報

1983年初版

内容説明

まじめ、誠実、几帳面、親切と評価される躁うつ病者の過度の正常さ、他者や役割への「同一化過剰」の背景に見られる「自我同一性の弱さ」という欠如を著者は強調する。数多くの症例と、多様な立場からの重要な知見を踏まえて展開される、最初の包括的な躁うつ病論。

目次

1 基礎と方法
2 躁うつ病者の体験、行動、表現の特徴
3 躁うつ病者の同一性形成と精神病
4 躁うつ病者の感情生活と精神病
5 躁うつ病者の実生活上の行動と精神病
6 躁うつ病の誘発状況と対人行動

著者等紹介

クラウス,アルフレート[クラウス,アルフレート][Kraus,Alfred]
1934年西ドイツのミュールドルフに生れる。1959年医師国家試験に合格。永くハイデルベルクのテレンバッハのもとで人間学的精神病理学を研究し、その分野でマールブルクのブランケンブルクと並んで西ドイツを代表する精神科医である。1975年以来、師テレンバッハのあとをうけてハイデルベルク大学の臨床精神病理学教室を主宰する。1980年本書により精神医学教授となる

岡本進[オカモトススム]
1945年石川県小松市に生れる。1970年京都大学医学部卒業。1973年名古屋市立大学医学部精神科に入局、続いて八事病院勤務。1978年から1980年にかけてドイツ留学。尾西病院精神科部長を経て、現在岡本病院院長
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

えこいのさん

1
おもしろかたー!正直この辺のシーン(?笑)は、テレンバッハ・ゲープザッテル・ビンスワンガー・シュトラウス・ミンコフスキ-あたりにをまとめて読まないとよくわかんない気がするなぁ。まだまだ勉強不足なのでまだまだ勉強します2009/10/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/268879

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。