実験化学講座〈4〉基礎編(4)有機・高分子・生化学 (第5版)

個数:

実験化学講座〈4〉基礎編(4)有機・高分子・生化学 (第5版)

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 340p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784621072837
  • NDC分類 432.08
  • Cコード C3343

内容説明

本書では、有機・高分子・生化学の実験技術のうち基礎的なものを選んで解説する。1章では有機化学実験に用いる器具と実験の基本操作について解説し、有機化学の中でも特に重要と考えられるアルドール反応やWittig反応、Diels‐Alder反応などの実験例を挙げた。2章では、1章に挙げた実験例の解説の中では充分に説明できなかった実験に付随する基本操作について捕捉した。3章では有機反応で得られた生成物の同定法として最も重要で最も有効な手段である核磁気共鳴スペクトルについて少し詳しく、最新の手法も含めて解説した。第4章では高分子実験を取りあげた。モノマーの精製から始まって、開始剤の種類、さらに実際のいくつかの重合法、そして生成した高分子の物性の評価について基本的な解説をした。第5章では生化学実験について解説している。

目次

1 有機化学実験(有機化学実験器具とその取扱い方;有機化学実験基本操作 ほか)
2 実験例に付随する基本操作(ガスクロマトグラフィー;分液 ほか)
3 有機化合物の同定法―核磁気共鳴スペクトルの利用(核磁気共鳴現象とは何か;化学シフトとは何か ほか)
4 高分子実験(市販ポリマーの精製;重合反応の種類とモノマーの選択 ほか)
5 生化学実験(生体触媒の入手・反応操作;還元反応 ほか)