コリン・ウィルソン評論集―新楽観主義(ネオオプティミズム)を求めて

コリン・ウィルソン評論集―新楽観主義(ネオオプティミズム)を求めて

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 334p/高さ 20X14cm
  • 商品コード 9784594001797
  • NDC分類 934

内容説明

本書はウィルソンが60年代から70年代にかけて雑誌などに発表した小論を12篇収録した評論集である。人間は衣食住という欲求の段階を脱すれば、セックスの満足を求め、それも卒業してしまうと自尊を経て自己実現の達成に向かうというマスローの欲求段階理論を手懸りに、「絶頂体験」を論じた第一章「挫折と自己実現」。いったん覚えるとほとんど自動的に仕事をこなしてくれる我々人間の中の「ロボット」。そのロボットが全能になった危険な状態〈ロボット・レベル〉と人間の真の自由を論じた第2章「実存心理学―ロボットと自由」。早すぎた大作家バーナード・ショーを親近感をこめた論じた第5章「バーナード・ショー私感」など本邦初紹介の論文集である。

目次

1 挫折と自己実現
2 実存心理学―ロボットと自由
3 “アウトサイダー”としてのスピノザ
4 ニーチェへの新しい鍵
5 バーナード・ショー私感
6 デフォーの『モル・フランダーズ一代記』
7 『嵐が丘』私見
8 ロバート・グレイヴズの散文
9 自由の冒険としての愛
10 自由の犯罪―その根絶法
11 私のアメリカ体験
12 1950年代を偲んで

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

lobking

0
まさしくどこを切っても金太郎飴。サクサク彼の思想を知りたい人にお薦めかもしれない。でも俺は物足りないよ!2010/11/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/664013

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。