ポプラ新書<br> ネット検索が怖い―「忘れられる権利」の現状と活用

個数:

ポプラ新書
ネット検索が怖い―「忘れられる権利」の現状と活用

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2018年07月20日 06時46分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 165p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784591145173
  • NDC分類 007.3
  • Cコード C0236

内容説明

上司に批判をSNSに書いてしまった/プライバシーがネットに漏れた/自分の子どもが友だちの悪口をネットに/会社が「ブラック企業」と中傷された…ネットの書き込みや記事で苦しむ人が急増しています。グーグルから削除仮処分決定を勝ち取った気鋭のIT弁護士が、具体的な事例をもとに「忘れられる権利」の現状と活用法を伝授します。

目次

序章 自分に関する書き込みを削除するには?―ネット上の名誉毀損・プライバシー侵害などに関するQ&A
第1章 ついに、グーグルに対し検索結果削除命令が下された!―忘れられない時代の「忘れられる権利」とは
第2章 ネット上の書き込みに困り、苦しんでいる状態から脱したい―記事の削除・発信者の特定ができる事例、できない事例
第3章 誰もが、被害者・加害者になる可能性―ネット上もリアル社会と同じようにルールがある
第4章 削除請求・開示請求はどのように行われるのか―記事の削除・発信者特定の具体的方法と費用、期間
第5章 検索される恐怖から一生逃れられないのか―ネットでの人権侵害から身を守るには

著者等紹介

神田知宏[カンダトモヒロ]
弁護士・弁理士。石川県生まれ。一橋大学法学部卒業後、IT系の会社を起業してプログラミング、ウェブデザイン、100冊を超えるIT系入門書の執筆に携わった後、2007年に弁護士登録。インターネットに精通したIT弁護士として、さまざまなメディアで取りあげられる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

ネットの書き込みで
人生を台無しにされる人が急増中!
その窮地を「忘れられる権利」が救う。

●「セクハラ」「パワハラ」とネットに書かれた
●上司の批判をSNSに書き込んでしまった
●自分の子どもが友だちの悪口をネットに書いてしまった
●自分の会社が「ブラック企業」と中傷された

Googleから削除仮処分決定を
勝ち取った気鋭のIT弁護士が、
具体的な事例をもとに
「忘れられる権利」の実態と活用法を伝授。

はじめに
ネット上では、「人の噂も75日」は通用しない

序 章 自分に関する書き込みを削除するには?
ネット上の名誉棄損・プライバシー侵害などに関するQ&A

第1章 ついに、グーグルに対し検索結果削除命令が下された!
忘れられない時代の「忘れられる権利」とは

第2章 ネット上の書き込みに困り、苦しんでいる状態から脱したい
記事の削除・発信者の特定ができる事例、できない事例

第3章 誰もが、被害者・加害者になる可能性
ネット上もリアル社会と同じようにルールがある

第4章 削除請求・開示請求はどんな方法でどのように行われるのか
記事の削除・発信者特定の具体的方法と費用、期間

第5章 検索される恐怖から一生逃れられないのか
ネットの人権侵害から身を守るには
  

(「はじめに」より抜粋)

「ネットでの誹謗中傷に苦しんでおり、消してもらいたい」
「悪口を繰り返し書いている人を特定して、もう書かないようにと言いたい」
ここ数年、私のもとには、個人、法人からの
こうした相談が年間100件以上寄せられています。

ネットには、人の名誉やプライバシーといった
人格権を侵害する違法な情報が多数存在しています。

こうした記事の削除は可能かというと、
インターネットをめぐる現行の法律、条約では
まだまだ課題も多く、
新たな枠組みが必要とされています。

そこで、注目されているのが、
「忘れられる権利」です。
ネットの情報を消してもらうことで、
インターネットから忘れてもらい、
人からも忘れてもらう権利のことです。

本書は、ネット上の書き込みに
苦しんでいる大勢の人たちが、
その苦しみから解放される一助になればと
執筆したものです。

序 章 自分に関する書き込みを削除するには?
ネット上の名誉棄損・プライバシー侵害などに関するQ&A

第1章 ついに、グーグルに対し検索結果削除命令が下された!
忘れられない時代の「忘れられる権利」とは

第2章 ネット上の書き込みに困り、苦しんでいる状態から脱したい
記事の削除・発信者の特定ができる事例、できない事例

第3章 誰もが、被害者・加害者になる可能性
ネット上もリアル社会と同じようにルールがある

第4章 削除請求・開示請求はどんな方法でどのように行われるのか
記事の削除・発信者特定の具体的方法と費用、期間

第5章 検索される恐怖から一生逃れられないのか
ネットの人権侵害から身を守るには

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件