種まく子供たち―小児ガンを体験した七人の物語

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 215p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784591068267
  • NDC分類 K916
  • Cコード C0095

内容説明

「いまは、ガンになった自分が好きです。」いのちの重さとむかいあい、心に種をまいた、七人の記録。

目次

海いろの種―西田英史くんのこと
マシュマロいろの種―工藤育ちゃんのこと
ひまわりいろの種―清水真帆さんのこと
草原いろの種―小俣智子さんのこと
ミニバラいろの種―加藤祐子さんのこと
おひさまいろの種―瀬尾日東美さんのこと
空いろの種―佐藤拓也くんのこと

著者等紹介

佐藤律子[サトウリツコ]
40歳を目前にしたころから、童話や児童文学を書きはじめる。次男・拓也くんの小児ガン発病による闘病体験から、小児ガンと闘う子供たちの姿を伝え、いのちの大切さを知ってもらおうと、小児ガン体験談集「種まく子供たち」の呼びかけ人となる。子供たちに「生死」をやさしく、きちんと伝えることをテーマに活動をおこなっている
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

小児ガンと闘った七人の手記。大変な病気を正面からうけとめて、一日一日を、せいいっぱい輝かせて生きる姿が、心を打ちます。