吉田茂=マッカーサー往復書簡集―1945‐1951

個数:

吉田茂=マッカーサー往復書簡集―1945‐1951

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 354,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784588625091
  • NDC分類 319.1
  • Cコード C3031

内容説明

戦後占領期“書簡外交”の全容。「戦争で負けても外交で勝つ」をモットーに、吉田茂は外相時代からマッカーサーに精力的に書簡を書き、政治的経済的改革について日本側の意思を伝え続けた。片山哲・芦田均らの書簡も含む全190通の集成は、憲法問題はじめ占領期の政治過程とその舞台裏を解明する上での必須資料である。

目次

第1部 解説・占領下の書簡外交
第2部 書簡篇―日本語訳(前史(吉田外相時代)
第一次吉田内閣期
片山内閣期
芦田内閣期
第二次吉田内閣期
第三次吉田内閣期)
第3部 書簡篇―英語正文

出版社内容情報

日本人には面白い部分が沢山ある。占領期間中、吉田から百通、マッカーサー(又は幕僚)から三十通の書簡の往復があったことは、これまで全く知られていなかった(いかにして見つかったかは、編者の「はじめに」に詳しい。).....。(立花隆『ぼくが読んだ面白い本・ダメな本 そしてぼくの大量読書術・驚異の速読術』334頁、より)