石原莞爾―生涯とその時代〈上〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 394p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588316159
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0023

出版社内容情報

傑出した構想力と行動力で昭和史の中心を担った軍人思想家の実像を豊富な資料を駆使して描く。生立ちから満州事変、2.26事件まで

内容説明

満州事変から太平洋戦争・敗戦に至る激動期の中心人物として毀誉相半ばする異色軍人の思想と行動を厖大な資料を駆使して丹念に追跡し、その知られざる全体像に迫る。戦争の時代の虚構と現実を事実に基づいて描き出す。

目次

幼少年期(一八八九~一九〇二)
軍人を志して(一九〇二~一九〇九)
若松連隊時代(一九〇九~一九一九)
在京・在外武官時代(一九一九~一九二八)
関東軍参謀時代(一九二八~一九三二)
陸軍中枢へ(一九三二~一九三七)

著者等紹介

阿部博行[アベヒロユキ]
1948年、山形県鶴岡市に生まれる。早稲田大学教育学部卒業。山形県立庄内農業高等学校教諭。『小倉金之助』で第8回「真壁仁・野の文化賞」を受賞
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ぐっさん

0
ひたすらに石原莞爾に関する情報を集めた本。まるで延々と長い論文のようで、一周読むのすらとてもとても苦しかった。今まで彼に関してはおぼろげな逸話しか知らなかっただけに、本書で彼の実像に関してより詳しく知れたのは役得かもしれない。2016/09/08

Ikkoku-Kan Is Forever..!!

0
石原莞爾の経歴みたいのがざっと知りたくて読んだが、長い。上下に分かれてるし。いろんな石原について書かれた文献を繋ぎ合わせるような構成で、話が次々と飛ぶし、時系列が必ずしも一本化されていないので、読みづらいったらありゃしない。時間がないのでパパパっと読みたかったが、下巻がまだ残っているので憂鬱のひと言。内容は全くないくせにただただ、読みづらく時間だけ消耗して苦痛。2011/09/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/710293

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。