叢書・ウニベルシタス<br> 小説の黄金時代

個数:
  • ポイントキャンペーン

叢書・ウニベルシタス
小説の黄金時代

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 384p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588007552
  • NDC分類 902.3
  • Cコード C1398

出版社内容情報

ミラン・クンデラ,サルマン・ラシュディ,大江健三郎,カルロス・フエンテスらの代表作を分析・解読しつつ現代文学の直面する問題を世界文学の視野から鳥瞰する。

内容説明

現代文学の荒野に逆説的に黄金時代を現出させた11人の作家たち―ミラン・クンデラ、サルマン・ラシュディ、大江健三郎、カルロス・フエンテスらの代表作を分析・解読しつつ、現代文学の直面する問題を世界文学の視野から鳥瞰する。

目次

作家ラシュディ(サルマン・ラシュディ『悪魔の詩』、一九八八年)
技巧と真実(フィリップ・ロス『背信の日々』、一九八六年)
幻滅したアイロニー(ミラン・クンデラ『不滅』、一九九〇年)
物語の恐慌(マリオ・バルガス・リョサ『フリア叔母さんと三文文士』、一九七七年)
エクリチュールの樹(クロード・シモン『アカシア』、一九八九年)
カプリチョス(フアン・ゴンティソロ『戦いの後の風景』、一九八二年)
意味の四散(ダニロ・キシュ『砂時計』、一九七二年)
地獄の一季節(大江健三郎『万延元年のフットボール』、一九六七年)
窮地に追い込まれた小説に関するとりとめのないノート(アラン・ロブ=グリエ『ロマネスク』『ふたたび現れる鏡』『アンジェリク、あるいは魅惑』『コラントゥの最後の日々』、一九八五年、一九八八年、一九九四年)
フランス風ディヴェルティメント(ミラン・クンデラ『緩慢さ』、一九九五年)
人形倒しゲーム(トーマス・ベルンハルト『絶滅』、一九八六年)
逆説のための謝肉祭(カルロス・フェンテス『まだ生れていないクリストバル』、一九八七年)

著者等紹介

スカルペッタ,ギィ[スカルペッタ,ギィ][Scarpetta,Guy]
1946年生まれのフランスの作家。『イタリア』、『7月14日』、『抒情的な組曲』(アカデミー・フランセーズのルイ・バルトゥー賞を受賞)などの小説があり、評論として『ブレヒト、あるいは死せる兵士』、『コスモポリタニズム礼讃』、『不純』、『技巧』などの作品がある。また、ランス大学の助教授として現代文学や映画論を講義している。『ヌーヴェル・オプセルヴァトゥール』誌の寄稿者、『ゲームの規則』誌の編集長をつとめるなど、文学・芸術の分野において多方面に活躍している。小説の実作者であるとともに世界の現代文学に精通し、精神分析、記号論、言語学、宗教学、民族学、音楽学等々にわたる広汎な概念と用語を駆使して展開されるその傑出した文学論は読書界に大きな刺激を与えている

本多文彦[ホンダフミヒコ]
1937年生まれ。東北大学大学院文学研究科博士課程中退。埼玉大学教養学部教授。近代フランス文学・比較芸術論・ジャポニスム専攻
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ラウリスタ~

6
タイトルは魅力的なのだが、・・・なんだか微妙。1980年代を中心とした小説12冊を取り上げ、19世紀でも、20世紀初頭でもない、現代こそが小説の黄金時代ではあるまいかと提起する。扱われる作家は、ラシュディ、フィリップ・ロス、クンデラ、バルガス・リョサ、クロード・シモン、ゴンティソロ、ダニロ・キシュ、大江健三郎、ロブ=グリエ、ベルンハルト、フエンテス。読んだことあるのが、4人くらいしかいないため、よく分からない。とりあえず、『万延元年のフットボール』を読んでみようか。2015/04/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/164326

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。