叢書・ウニベルシタス
古代悪魔学―サタンと闘争神話

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 744,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588007255
  • NDC分類 191.5
  • Cコード C1314

出版社内容情報

サタンとキリストの闘争という枠組みにおいて,古代神話からアウグスティヌスの神学体系までを比較.分析する。G.スタイナーが絶賛した比較神話学の驚異的業績。

内容説明

サタンとキリストの闘争という枠組みで膨大な伝承資料を比較分析し、G.スタイナーの絶賛を得た比較神話学の驚異的業績。

目次

第1部 古代の敵(フワワとギルガメシュ;竜と海―古代近東の闘争 ほか)
第2部 反逆と黙示(旧約聖書のサタン;反逆者としての敵対者 ほか)
第3部 グノーシス神話とキリスト教神話(アダム諸書と蛇の正体―ユダヤ教黙示からのグノーシス主義の発展;黙示とキリスト教的闘争 ほか)
第4部 デミウルゴスと悪魔(異端としてのサタン;グノーシス主義とデミウルゴス ほか)
第5部 アウグスティヌスとキリスト教神話の構造(アウグスティヌス―責務と敵対者;マニ教的二元論とアウグスティヌス的弁証法 ほか)

著者等紹介

フォーサイス,ニール[フォーサイス,ニール][Forsyth,Neil]
1944年に生まれる。現在、スイスのローザンヌ大学教授。ミルトン学者としてAnglistentag1982(Zurich,ed.Udo Fries and Jorg Hasler,Giessen,1984)をはじめ多数の論文を発表し、また最近の国際ミルトン学会でも、1995年、97年、99年と、続けて口頭発表を行っている

野呂有子[ノロユウコ]
1951年生まれ。東京教育大学大学院文学研究科修士課程修了。現在東京成徳大学人文学部教授。日本ミルトン・センター会員

倉恒澄子[クラツネスミコ]
1956年生まれ。甲南女子大学大学院文学研究科修士課程修了。現在甲南女子大学非常勤講師。日本ミルトン・センター会員

小山薫[コヤマカオル]
1952年生まれ。同志社女子大学大学院文学研究科修士課程修了。現在同志社女子大学学芸学部助教授。日本ミルトン・センター会員

田中洋子[タナカヨウコ]
1957年生まれ。東京外国語大学大学院修士課程修了。元東京成徳短期大学非常勤講師。日本ミルトン・センター会員
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

鏡裕之

2
『古代悪魔学』というタイトルは不正確である。「古代においてどのような悪魔がいたのか」という解説本ではない。原題はOld Enemy。ターゲットはキリスト教。「邪魔する者」という意味にすぎなかったサタンという言葉に、どんな時代性や社会的文脈によって「蛇」や「誘惑者」といった意味が付与されていったのかを明らかにした一冊。当時の敵対者(別の宗派や別の宗教勢力)との論争に打ち勝つために、新たなイメージが追加されていったのね。2013/11/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/189601

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。