• ポイントキャンペーン

叢書・ウニベルシタス
廃墟のなかの大学

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 326,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588006616
  • NDC分類 377
  • Cコード C1337

出版社内容情報

〈エクセレンス〉を競う現代の大学は,国民文化の砦としてはとうに廃墟と化している。そのなかで迫られる改革を論じて〈不同意の共同体〉としての再生を展望する。

内容説明

国民国家が衰退へ向う現代、国民文化の牙城だった大学はいまや廃墟と化し、世界的に“エクセレンス”を競い消費者主義に席巻されている。古典的理念へのノスタルジアや不毛な管理・経営主義を超える論理、不同意の共同体としての再生を提起して、国際的な論議を呼んだ書。

目次

第1章 序論
第2章 エクセレンスの概念
第3章 国民国家の衰退
第4章 理性の範囲内の大学
第5章 大学と、文化の理念
第6章 文芸文化
第7章 文化闘争とカルチュラル・スタディーズ
第8章 ポスト歴史的大学
第9章 研究の時節―1968年
第10章 教育の現場
第11章 廃墟に住んで
第12章 不同位の共同体

著者等紹介

レディングズ,ビル[Readings,Bill]
1960年イギリス生まれ。ミルトンに関する博士論文によりオックスフォード大学で学位取得。以後、スイスのジュネーヴ大学、アメリカのシラキュース大学を経て、カナダのモントリオール大学の比較文学担当助教授となる。ド・マンやリオタールに関する著作・論文で文学理論・現代思想の研究者として認められ、また本書にまとめられた大学の理念と機能を鋭く問い直す諸論文が欧米で反響を呼び、激しい論議を巻き起こすなど注目されていたが、1994年10月アメリカン・イーグル機の墜落事故で不慮の死を遂げた。本書のほかに、『リオタール入門』(1991)、『時代を超えたポストモダニズム』(共著,1993)『ヴィジョンとテクステュアリティ』(同,1995)などの著書がある

斎藤信平[サイトウシンペイ]
福島県生まれ。90年成城大学大学院博士後期課程中退。現在、山梨英和短期大学英語コミュニケーション学科助教授。英文学専攻。著書『ベケット大全』(共著,白水社)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件