叢書・ウニベルシタス<br> 戸外で朝食を―自身が語るデュルの世界〈2〉

  • ポイントキャンペーン

叢書・ウニベルシタス
戸外で朝食を―自身が語るデュルの世界〈2〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 183p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588006128
  • NDC分類 389
  • Cコード C1338

出版社内容情報

反権威の申し子デュルの第二エッセイ集。自らの生きざまを赤裸々に語り,自著への批判・攻撃に対してユーモアをもって答え,エリアスを論じて自身の方法論を示す。

内容説明

権威におもねらず、常識にこだわらず、時には野卑・時には傲慢な発言の陰に澄み切った“いたずらっ子”の瞳が光るデュルの世界へご招待。

目次

われらクリーン・アクローレ族(1979)
男どものファンタジー(1980)
世界更新と世界呪詛(1983)
巨人の上着のポケットの中で―ウルリヒ・グライナーの論争『文明化の過程の理論は解決されたか?』に対する回答(1988)
中世の娼婦たち(1989)
公衆の面前での裸体と肉体の祭儀―古代ギリシア人とヌバ族を例にして(1989)
戸外で朝食を―ベルリン科学コレークの火曜日のコロキウム(1990)
私の愛読書(1994)
泥棒・墓・学者(1994)
新聞への報知(1995)
われわれは野蛮人か?(1988)
生け垣の上で、あるいは椅子の間で(1989)
近代社会の野蛮化(1992)
ポリティカル・コレクトネス―徳というテロ(1994)
水中に没した都市(1994)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

☆☆☆☆☆☆☆

0
ドイツ民族学はよく知らないから文脈がわからんなぁ。ともあれ、アグレッシブで反権威な書き手だってことは伝わってきました。2016/01/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2422050

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。