叢書・ウニベルシタス
大航海時代の東南アジア〈2〉拡張と危機

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 471,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588005718
  • NDC分類 223
  • Cコード C1322

内容説明

貿易のより詳細な実態とその変化を描き、東南アジアの多様性が“国家”によって失われてゆく過程を論じて国家とはなにか、宗教とはなにかを問う。

目次

第1章 交易全盛期―一四〇〇~一六五〇年(香辛料と胡椒;貿易開始、一四〇〇年前後 ほか)
第2章 都市と商業(港湾都市とその交易ネットワーク;都市の規模 ほか)
第3章 宗教革命(東南アジアの宗教;改宗と帰依と ほか)
第4章 専制国家の諸問題(古典的国家の危機;一五世紀の港市国家 ほか)
第5章 東南アジアの貧困の起源(経済成長への内部的抑圧?;西欧人とのきわどい軍事的遭遇 ほか)
継続と変化

著者等紹介

リード,アンソニー[リード,アンソニー][Reid,Anthony]
1939年に生まれる。ニュージーランドのウェリントンで歴史学と経済学の学位を取り、ケンブリッジ大学で博士号を取得した。その後、マラヤ大学、インドネシアのハサヌディン大学、ハワイ大学、イェール大学、オークランド大学で東南アジア史を教えた後、1989年からキャンベラのオーストラリア国立大学で教鞭を執った。現在はカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)東南アジアセンター教授。その研究領域は、東南アジアの生活史、経済史、社会史、人口史のみならず、インドネシアとマレーシアの近現代史と現状、現代東南アジアの民族やアイデンティティの問題、華僑の研究などの広範囲におよぶ

平野秀秋[ヒラノヒデアキ]
1932年に生まれる。1960年、東京大学大学院修士課程修了。現在、法政大学社会学部教授、専攻は比較文化論

田中優子[タナカユウコ]
1952年に生まれる。法政大学大学院人文科学研究科博士課程修了。北京大学、オックスフォード大学にて在外研究を行う。現在、法政大学第一教養部教授。専攻は日本近世文化・アジア比較文化。主な著書に『江戸の想像力』(1986年度芸術選奨文部大臣新人賞)、『江戸百夢』(2000年度芸術選奨・サントリー学芸賞)などがある
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。